忍者ブログ
[271]  [225]  [221]  [199]  [195]  [193]  [190]  [188
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 竹馬の友、ヤセヌンティウスは、深夜、王城に召された。
暴君デブニスの面前で二人は相会い、抱き合った。
メロシが一方的に強く抱きしめるので、ヤセヌンティウスはつぶれそうになった。
メロシは事情を話し、ヤセヌンティウスは承知し、メロシを抱きしめた…つもりだが、メロシは抱かれた感覚がなかった。
 ヤセヌンティウスは縄打たれ、メロシは出発した。
初夏、満天の星で、メロシは星と星をつないで食べ物を連想しながらのんきに歩いていった。
はたして、間に合うのだろうか。

 メロシはその夜、寝ながら歩いていった。
メロシの第六感が目覚め「心の目」を使えるようになり、称号が「すごい」メロシになった。
 すごいメロシ(以下略メロシ)は明くる日の午前に村に着いたが、目は閉じたまま、よろめいて歩いてくるメロシの、寝ぼけた顔を見て村人たちは驚いた。
 一人が話しかけるとメロシは、
「はらへった~」と、やはり寝ぼけているようだった。
 メロシがはっきり目を覚ましたのは午後の3時だった。
 その晩、メロシ主催の晩餐会では、町で買い占めた「野菜生活」を出して、人一倍、料理を食べた。
その食べ方と音は凄まじく、外の豪雨の音も消し去った。
たらふく食ったメロシは、野菜生活の12パック目を握ったまま爆睡していた。
メロシは眠ってもうるさい音をどこからか出して、外の雨音はやはりかき消されていた。

 メロシが目覚めたのは明くる日の薄明のころである。
メロシは体中にパワーがみなぎっていると感じた。
それは、昨日の「野菜生活パワー」の影響だった。
 メロシはすぐに出発し、その足はいつになく軽快で、称号は「野菜生活俊足メロシ」となった。
 野菜生活俊足メロシ(以下略)メロシはものすごい速さで町への道を駆け抜けた。
 メロシはもともと体力がなかったが、ない体力は減ることがなく、全速力だった。
 空は灰色がかり、昨日の豪雨のなごりを見せていた。

走れえりかの更新が停滞してましたね^^;
3話はかなりえりかを侮辱ってます…(苦笑
すみません…。いつも私の身近なえりかさんにやっぱり怒られるんです;

今日も4話を完成させましたので、明日もお楽しみにw

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:
ブログでレベルアップ
No name ninja
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
忍者アド
最新コメント
[09/23 NONAME]
[12/17 ケルディオ]
[12/17 ポッチャマ]
[03/15 saki]
[11/27 kristianne]
プロフィール
HN:
_
性別:
非公開
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ * [PR]