忍者ブログ
[513]  [435]  [375]  [277]  [271]  [225]  [221]  [199]  [195]  [193]  [190
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「ああ、メロシ様。」
うめくような細い声が、風とともに聞こえた。
「だっ、れ…だっ」
息を切らしながらメロシが尋ねた。
「ブイヨンストロベリスでございます。おいしそうな名前でしょう。いえ、そんなことはどうでもよいのですが、あなたのお友達ヤセヌンティウス様の弟子でございます。」
その若者も、ヤセヌンティウスと似た体格で、非常にやせていた。さらに叫んだ。
「もう、だめでございます。無駄でございます。走るのは、やめてください。」
きっと、師であるヤセヌンティウスの身を案じたのだろう。しかし、メロシは止まらない。
「ちょうど今、あの方の味付け作業が生で公開されています。あなたは遅かった。というか、遅すぎる!お~う~ら~み~し~ま~す~~…」
いかにも呪いそうなかんじでブイヨンストロベリスは言った。
「いや、まだ日は沈まぬ。」
「やめてください。走るのは、やめてください。あのかたは、あなたを脂の塊だと思っておりました。私もそう思ってますが…。火刑場に引き出されても、平気でいるでしょう。デブニス様が『骨よ、骨。おまえはア●パ●マ●のホ●ーマンであるなー!がっはっは(ブイヨンストロベリス裏声)』などとおっしゃっておりました。」
 声マネが上手い、骨野郎第二号だなぁとメロシは思った。ちなみに第一号はヤセヌンティウスである。
「わたしはぁ!走るっのだっ…!」
息を切らしながらメロシは言う。
「肉塊だと思われているから走るのだっ!ヤセヌンティウスめぇぇぇ!!見返してやるっぅぅぅ!!!」
 いつになく気合が入っていた。
ブイヨンストロベリスは唖然とした。
「ああ、やはりあなたは気が狂っている。それでは、うんと走るがいい。ひょっとしたら、まにあわぬものでもないかもしれない。」
 ブイヨンストロベリスは平気でひどいことを言う奴だと、さすがのメロシでも思ったようだ。

〈終〉

…原作もそうですが、ブイヨンストロベリス(フィロストラトス)って
なんのためにえりか(メロス)のとこに来たんだろうなって思う。。

ただ皮肉言いに来てるだけじゃん…!
てゆーか、嫌味だろ…。

そのくせ、セリフ多いのも♯


昨日から今日にかけて、表紙をかいております。
本(?)は人の目を引くような顔でなければね^^

…肝心の、えりかの顔が描けなくてねぇ……(´・ω・)
だって普通の人より難しいんだもんよ。。。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
よぉし!
うちが頑張ってみるよ★笑
パピ姉 URL 2007/10/23(Tue)22:55:53 編集
Re:無題
Σ(゜Д゜ )
まじっすか!
それはありがたいことです!
じゃあ、ペンネームも考えといてくださいねっw
ちゃんと名前も載せたいのでww
【2007/10/23 23:12】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:
ブログでレベルアップ
No name ninja
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
忍者アド
最新コメント
[09/23 NONAME]
[12/17 ケルディオ]
[12/17 ポッチャマ]
[03/15 saki]
[11/27 kristianne]
プロフィール
HN:
_
性別:
非公開
ブログ内検索
バーコード
カウンター
忍者ブログ * [PR]